落ち込まないで!住宅ローン審査通らない場合は誰にでも起こり得ること

「住宅ローンの審査なんて楽勝!」と軽く考えていませんでしたか

年収があって、正社員だから心配ないと思っている人でも審査に通らないケースが発生しています。

例えば、下記のような理由で審査が通らないこともあります。

・レーシックの手術が原因で団体信用生命保険に加入出来ず審査に通らなかった!

・車のローンが残っていたため、借入金額を減額された!

・妻は正社員だけど産休・育休中だったため、夫婦合算でローンは組めなかった!

色々と思わぬところに落とし穴があるものです。

住宅ローンの審査は各金融機関で独自の審査基準が設けられています。団信に加入が出来なかったとしても、ソニー銀行のワイド団信など金融機関で様々な特徴があります。

住宅本舗ならいくつもの金融機関に一括で申し込みが出来て便利ですね。

住宅ローン審査通らない場合の気になる5つの原因を考えてみました

住宅ローン審査通らない場合の原因を考える

主に審査に通らない主な原因は以下の通りです。

1)健康状態

レーシックの手術や、うつ病など今は完治していたとしても過去3年以内など告知義務が必要な場合は団信に加入が出来ないケースがあります。

フラット35でしたら、団信への加入は必須ではありません。

2)信用情報

うっかりでもクレジットカードの支払が遅れたなど信用情報に記録が残ります。

現状はすでに支払いが完済しているなら、信用情報に寛大なセゾンファンデックスが狙い目かもしれません。

3)勤続年数

スキルアップのための転職で年収が上がっても勤続年数が短いことがネックになります。近年の働き方の多様化に伴い、転職もしやすくなっています。勤続年数も一昔前とは違い短縮化傾向にあります。

例えば、ソニー銀行では勤続年数による条件はないですし、住信SBI銀行は申込日時点で転職後3カ月など、勤続年数へのハードルが下がっています。

4)年収

終身雇用制度が崩壊して年収を重要視しない銀行が増えて来ています。

楽天銀行やオリックス銀行など年収に関する規定はなく、総返済率に関する規定があるだけです。住信SBI銀行でも年収額が明確に記載されている訳でなく「安定かつ継続した収入があること」と記載があるだけです。

5)非正規雇用や自営業

今や非正社員の割合は6割以上。

セゾンファンデックスや住信SBI銀行、東京スター銀行は自営業・契約社員・派遣社員でも申込可能!

社会の変化に伴って雇用形態にこだわらない流れになっています。

金融機関によって重要視する審査項目が違います。確立の問題ですが、複数の金融機関へ一括で申し込みすることで審査を通過率が上がることが期待できます。

ソニー銀行・東京スター銀行などネット系銀行を中心に最大8社へ一括審査申込が出来る住宅本舗のサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

住宅ローン審査通らない場合はネット系銀行を中心に選ぶのが賢い選択!

住宅ローン審査通らない場合はネット系銀行を中心に選ぶのが賢い選択

従来の大手銀行と比較するとネット銀行の方が独自の審査基準で柔軟な対応が多い印象です。社会の流れに敏感で多様なプランを打ち出せるのがネット系銀行の強みでしょう。

他にもネット系銀行の優れている点と言えば、あきらかに金利が低いことです。わずかに金利が違っただけでも総支払額は数百万円と変化します。

ソニー銀行では保証料が無料!保証料の一般的な目安として3000万円を返済期間35年で借り入れすると約60万円もの保証料が発生します。何十万円もする保証料が無料になるのはかなり魅力的です。

ネットで自分の好きなタイミングで繰り上げ返済をしたり固定金利から変動金利へプラン変更など、手続きがネットで出来るのもお手軽ですね!

住宅ローンは長期間に渡るので、自分の好きなタイミングで各種手続きが進められるのは便利ですね。

住宅本舗なら一回の入力でソニー銀行・東京スター銀行などネット系銀行を中心に一括で住宅ローンの申し込みができます。

1回の住宅ローン審査通らない場合で住宅購入を諦めるのが得策か

審査基準や項目は外部の人間に非公開。だったら…

住宅ローンの審査基準や審査の項目はどこを探しても公表されていません。審査に通らなかった場合でも決して理由を教えてくれることはありません。審査の判断基準なんてごく一部の担当者しか分からないのです。理由もわからないことに不安がっていても時間をロスするだけ。複数の銀行へ一括審査申込みが出来るサービスを利用するのが得策ですね!

不動産業者が提携する銀行以外でローンを組むのが心配だから…

不動産業者と提携している銀行を選ぶメリットの第一位はか「手間が省けるから」。住宅ローンの手続きを不動産業者が代行してくれることですね。(数万円の手数料がかかりますが)

住宅ローンは一生に一度の大きな借金です。「事務的な手間」よりも「自分にあったプランを選ぶ」ということが大事です。住宅ローンのプランは多種多様です。金利が少し違うだけで総支払額が数百万円違うこともあります。出来る限り有利な条件で借りれるように比較・検討することをお勧めします。

審査基準のことなった複数の金融機関へ一括で申し込みが出来れば、住宅ローンの審査に通る確率が上がると思いませんか。

特徴が異なる幅広い審査基準がネット系銀行の強みです。

住宅本舗の一括審査申し込みサービスを利用すればソニー銀行・住信SBI・東京スター銀行・オリックス銀行・楽天銀行・セゾンファンデックスなどを含む最大8社へ1回の入力で一括で申し込みが出来ます。

一括申込なので銀行ごとへ審査の書類を揃える必要も手間も不要です。手間も時間も短縮出来ますね。

審査通過後は、実質金利で比較ができるのもこの住宅本舗のサービスならではの大きな魅力の一つです。少しの金利の違いで総支払額が数百万円も違ってきますので、ぜひ自分にあった金利を比較して決めて下さい。

Copyright © 住宅ローン審査通らない場合のお悩み別解決法をご紹介します! All rights reserved